アライメント編

ホイールアライメントとは、自動車の車輪の位置・方向を一直線になるように調整することです。
車のホイール(車軸)には、サスペンションによって、さまざまな方向に大小の角度がつけられており、これらの角度、方向を適正な状態に整えることで、直進安定性・旋回性能・ブレーキ性能・燃費の向上の他、タイヤの編磨耗の防止につながるだけでなく、本来の走行性能を発揮することが出来ます。
角度を調整する主な項目は、トー、キャンバー、キャスターです。
トーは車両を上空から見たとき、進行方向に対しタイヤ前端を内側または外側に向ける角度を調整し、直進安定性やタイヤの転がる方向を整え、キャンバーはタイヤの上側が外側に傾いているか、内側に傾いているかを調整し、旋回性能の向上の為に設けられており、キャスターは前輪の操向軸の傾きを表し、直進安定性とハンドル復元性の為に設けられています。
トー、キャンバー、キャスターの各項目には基準値があり、その基準値は中心から一定の幅が設けられていることから、現在は測定機器があれば簡単に調整を行なうことが可能となりましたが、調整幅の中でどこに合わせるかによって車のセッティングが変わる為、知識、技術、経験、データが必要です。

コメントは受け付けていません。