ステアリング編

自動車の部品の中で、ステアリングは進行方向を変える重要な役割を担っています。ハンドルを切ると、その力がコラム、ジョイントを経由して、ラック&ピニオン式やボールナット式などの構造を持つギアボックスに伝わり、タイヤの向きを変えます。

タイヤには荷重がかかっているので、特に停止した状態からハンドルを切るには大きな力が必要です。
そのためにそれをアシストするために多くの車ではパワステが取り付けられています。
パワステがあると、片手でもハンドルを切ることができますが、もしパワステがなければ片手でハンドルを切ることができません。
また、パワステオイルが劣化したり、少なくなってくると、やはりハンドルが重くなってきたり、燃費に悪影響を与えたりするので、定期的に交換する必要があります。

ところで、車の方向を変えるという役割はどの車でも同じですが、フィーリングには違いがあります。
パワステの設定を軽めにしている車もあれば、重く設定している車もあります。
また、ハンドルを切ったときのタイヤの向きが変わる大きさにも違いがあります。
たとえば、スポーツカーなどは遊びの部分が少なく、ハンドルを切った分だけ曲がるというイメージに設定されているのでクイックなハンドリングを楽しめますが、挙動がシビアすぎてゆったり運転するのが苦手になります。

コメントは受け付けていません。