スタータ編

ガソリンエンジンなどの内燃機関は、電気モーターのようにスイッチを入れるだけでは始動出来ず、最初は外から力を加えて強制的に動かしてやる必要があります、この装置をスタータと言います。
一般的にはセルと省略されて呼ばれるものです。
現在自動車では電気で動く電動モーターを利用したものが一般的ですが、一部のオートバイなどの小型エンジンでは、キック式やハンドル式リコイル式など人力で動かすことが出来るものもあります。
一般的な電動モーターのものはエンジンに直接組み込まれていて、通常はメンテナンスフリーです。
自動車用バッテリーの最大の用途はこの始動時に必要な電気を供給することで、エンジン始動後はエンジンの発電機から電力を取り出すことが出来ますので、場合によっては省略することも出来ます。
実際にキック式のオートバイにはバッテリーレスのものもあります。
また一部の最新型では発電機であるオルタネーターと兼用させようとするものもあります。
部品点数を減らせる以外に、発電機とモーターを兼用できるので、エンジン始動時だけでなく、エンジンの出力の補助に使い、簡単なハイブリッドカーにすることが出来る仕組みを実現できるので、次世代のエコカーの仕組みとして注目されています。

コメントは受け付けていません。