サスペンション編

サスペンションはタイヤを通して車体に伝わる振動を緩和させるための装置です。
もしこれがなければ、路面のデコボコが直接伝わり、乗り心地がごつごつしてしまうことでしょう。乗り心地を良くしつつ、操縦安定性も犠牲にしないような調整が求められ、車の性格によってセッティングや方式が違います。

基本的な構造は、車軸の位置を決める役割を持つアーム、車体を支えて衝撃を吸収するスプリング、さらにそのスプリングの振動を減衰するためのショックアブソーバーから構成されています。

乗用車で最も多く採用されているのはマクファーソン・ストラット式と呼ばれるもので、少ない部品で構成されているため低コストなのが特徴です。
具体的には、ショックアブソーバにスプリングと車輪をつけた構造で、車軸側にロワアームを取り付けてボディに固定しています。

それに対して、スポーツカーや高級車などでよく採用されるのがダブルウィシュボーン式です。
上下二組のアームを取り付けて固定しているのが特徴で、車体が上下に揺れてもタイヤは路面に対してほぼ垂直に保たれるため、フラットな乗り心地となります。
また、このダブルウィシュボーン式をさらに発展させて、アームを分割・追加したのがマルチリンク式です。

コメントは受け付けていません。