ブレーキ編

ブレーキはタイヤの回転を止めて車を停止させる重要な役割があります。
その構造は油圧を力を利用して、小さい力で大きな制動力を得るシステムになっています。
ペダルを踏むと、その力は油圧で倍増され、さらに倍力装置によっても増力される仕組みになっています。
ただし、エンジンがかかってないと作動しませんので注意しましょう。

また、現在主にディスク式とドラム式の2種類があります。
前輪はどの車もディスクを使ったタイプで、回転しているホイールを両側からディスクで挟み込んで制動します。
構造的には非常にシンプルで、ディスクのパッドがすり減ってきたら交換になります。
ディスクはドラムに比べると、放熱性や排水性に優れています。

ドラム式はホイールと一緒に回転しているドラムを内側からシューと呼ばれる部品を押し付けて制動するシステムです。ディスク式に比べると制動力は弱いために、小型乗用車などに多く採用されています。

車を制動させる重要なパーツですので定期的な点検が大切です。
また、消耗部品ですので、交換時期が近づいたら必ず交換しましょう。
交換するタイミングを逃すと、制動力を失って大きな事故につながりかねませんし、ローターまで壊れて修理代が高くつくことになります。

コメントは受け付けていません。